> 行事の様子 > 2015年02月2015年02月の記事一覧

よろこびは感謝する心が創るもの

2015.02.28
よろこびは感謝する心が創るもの

「将来は人の前に立って情報を伝えたり、人と人とをつなぐ仕事に就きたいって思っています。」

大学では日本語をもっと深く勉強し、豊かな表現力を身につけたいと思っている藤沢さん(光陽中学出身)が成城大学に合格しました。


チア部に入り、高校時代を活発に過ごしてきた藤沢さんに、どうして武南高校を選んだのかというところから振り返ってもらいました。

「色々私立の受験は悩んだのですが、武南の学校説明会に来て、先生との距離が近いと感じたからです。実際、この3年間、私は津島先生が担任だったんですけど、勉強面から個人的なことまで、親身になって相談にのってくださいました。私が何かにつまずいて凹んでいると、先生の方から話しかけてくださるんです。先生の温かい言葉にほっとした気分にさせられたのは一度や二度ではありません。そして、驚いたのは、クラスの他の子も同じように思っているってことなんです。きっと、先生ご自身が武南サッカー部の名ミッドフィールドプレイヤーだったからかもしれませんが、クラス全体に目が行き届くんですね。笑」


「高校時代の一番の思い出と聞かれたら、チア部での活動です。サッカー部や野球部の応援で、選手の方々から戦う勇気を教えられましたし、文化祭や予餞会での発表作品の制作で大事な仲間の存在に気づきました。」


色々な仲間との思い出を語り、最後にはこうまとめてくれました。


「素晴らしい試合を応援する機会を得られたことに感謝、素晴らしい発表ができたことに感謝。自分一人では達成することのできない大きなよろこびは感謝する心が創ってくれるものなんだと今、感じています。」


『感謝』という言葉を大切にしている藤沢さん

インタビューに応えてくれてありがとうございます。素敵な出会いに感謝です。


予餞会2015

2015.02.26
予餞会2015

2月26日 3年生を送る予餞会がありました。

会場で1ヶ月ぶりに会った3年生

すでに進学を決めてこの日を待っていた3年生
実力を発揮できて志望校に合格した3年生
第一志望には受からなかったけど…という3年生
まだ、自分はどうしようかと迷っている3年生
もう一年がんばろうと決意を固めている3年生

同じ今日という日を迎えながら…生徒一人ひとりの心の中は、1ヶ月前とだいぶ違います。仲間とどう言葉を交わしたらいいのだろう。よく知っている間柄なのに、お互いに間合いをはかり直しているようにも感じられます。たとえ今、心の中でどう思っているかはわかりませんが、3年生のみんなと出会えたことは、この会場にいる誰もが、忘れることのできないかけがえのないものはず。3年生の後ろ姿を見てきた後輩達、「チーム武南」でいつも共にありたいと願ってきた教職員が、3年生と出会えたことへの感謝の気持ちを伝えたいと舞台に立ちました。


この日を迎えるにあたり、生徒会のメンバーがよく動いてくれました。
生徒会長の挨拶があって、会が始まりました。



吹奏楽部の発表


部員も増え、男子部員の数も多くなり、ますます充実してきた吹奏楽部。ディズニーの名曲をユーロビートでメドレー形式で演奏したり、Jポップや定番の曲をジャズバージョンにしたりと、聞き応えがって楽しめる公演でした。曲の合間のMCもおもしろく、ここ数年、ますます温かい部活になってきたように思います。夏に行われる演奏会に行きたくなった人も多いのでは?



軽音楽部



アニメ『軽音』の影響で部員数が多くなった軽音楽部ですが、流石、舞台でパフォーマンスを披露するメンバーは、確かな技術、豊かな個性、そして、舞台に立てるよろこびを知っている生徒達でした。安定したベース、的確なドラムの刻み、あっ!ドラマーはリズムを刻みながらスティックを指先で回してるじゃないですか。スゴイです。そして、ギターがサビメロを歌うように奏でると、ボーカルが気持ちいいほど良くのびる高音でシャウトします。

「ウルトラソウル!」

B’Zの名曲で場内がひとつになりました。

彼らが偉いのは、ステージを降りた後、重たい機材を片づけると、顧問の先生方に、しっかりと感謝の言葉を伝えているというところです。ONとOFFのけじめがつけられること、舞台に立てるということは多くの人に支えられていると知ること。今回の発表を最後に本格的な受験体制に入る2年生が成長しているのを強く感じることができました。


チア部

毎年、チア部が登場すると舞台がパッと明るくなります。


真夏の暑い中での野球応援、寒さ厳しい雨の中のサッカー応援、彼女たちの熱い応援でどれだけ奮いたったことか…。人をしあわせにする最強、最高の武器、”笑顔”で、いつも武南を見守ってくれるような気がします。


ダンス部


「ダンスリーグ優勝」の肩書きを胸に、堂々のパフォーマンス。観る前からどんな演技なのか…興味津々です。



個人的なダンステクニック、バク転、バク宙だけでなく、今年のパフォーマンスは構成力が素晴らしいと思いました。男子女子が別々に演じるのではなく、構成の中に上手く、お互いの良さが引き出されている。それがストーリーとなって観る者を引き込んでいくように思いました。こういうパフォーマンス観るとダンス部に入りたくなる生徒がますます増えるのではないでしょうか。身体を動かしたくなります。

色々な方面で個性を輝かせている武南生を見るのはうれしいことです。

在校生のみなさん

『文武両立』を掲げる武南ですが、けじめをつけて、欲張って…行事も全力で楽しみましょう。


卒業生のみなさん。

人生の次のステージでも、自分らしく輝いてくださいね。それが残された在校生の道しるべになり、教員の励みでもあるのですから…。




卒業生から後輩へのメッセージ

2015.02.25

卒業生から後輩へのメッセージ


これからの武南たのんだぞ!(木崎中学出身:中央大進学)

受験勉強大変だと思うけど頑張ってください。(喜沢中学出身:東京電機大進学)



文武両道できるように頑張ってください。(大谷口中学出身:武蔵野大進学)

部活入った方が楽しいと思います。3年間あっという間なので高校生活楽しんでください。(光陽中学出身:東京薬科大進学)



良い大学に行きたいのなら、早めに勉強を始めるべき。これは自分が本当に思ったことです。あと、努力すれば必ず結果がついてきます。がんばってください!!(八幡木中学出身:日本大進学)

大学受験は地獄だ。本気で頑張ってくれ。1年間闘い続けられないと思うならAOや推薦にしておこう。(東浦和中学出身:国士舘大進学)



大学入試を甘く見ちゃあかん!後悔のない毎日を!(在家中学出身:日本大進学)

ひとつひとつのテストをマジメに取り組んでください。(片柳中学出身:成蹊大進学)



がんばってください。(新座第四中学出身:成蹊大進学)

受験がんばれ!(蕨第一中学出身:城西大進学)



受験勉強は最初はなかなか勉強に集中できないので、早めに始めて勉強する習慣を付けるようにした方がいい。(笹目中学出身:玉川大進学)

FIGHT!(岸中学出身:東京電機大進学)



残りの高校生活を思う存分楽しんでください。(川口芝中学出身:共立女子大進学)

残りの生活、悔いの残らないように。(越谷富士中学出身:東京リゾートスポーツ専門学校進学)



3年生になって、あの頃もっと頑張っておけばって思います。ちりも積もれば山となる!!少しずつでも頑張ってください!!(蕨第二中学出身:國學院大進学)

もっともっと武南を盛り上げていってほしいです。(土合中学出身:明治学院大進学)



毎日、少しでもいいから勉強を続けていければ、それが役に立つときが必ず来ると思うのでコツコツ頑張ってください。(七里中学出身:学習院大進学)

自分が受験生になって初めて、1年の時からこつこつ勉強しとけば良かったなと本当に後悔しました。私は今まで全然勉強してこなかったので、すごく大変でした。残りの高校生活を楽しむのも大切ですが、勉強面もがんばってください!2年生もあと1年間あるから頑張れ!(大谷口中学出身:駒沢女子大進学)



志望校は早めに決める。(八幡木中学出身:人間総合科学大進学)

受験勉強は早めにはじめた方が良いと思います。(大成中学出身:東京理科大進学)



高校生活を楽しんでください。でも、自分が将来何をしたいかを見つめて勉強もこつこつやってください。何かひとつでもがむしゃらにやってください。(大砂土中学出身:尚美学園大進学)

残りの学校生活楽しんで。(植竹中学出身:帝京大進学)



勉強がんばってください。(志木中学出身:東京都市大進学)

サッカー頑張れ(越谷西中学出身:帝京平成大進学)



サッカー頑張ってください。勉強も頑張ってください。(大相模中学出身:大東文化大進学)

勉強と運動の両立がんばってください。(土屋中学出身:東京国際大進学)

残りの高校生活悔いのないように過ごしてください。(土合中学出身:日本大進学)



がんばってください。(上大久保中学出身:武蔵野大進学)

どうしても気がゆるんでしまうと思うのですが、そこをこらえて、受験にのぞめるようにした方がいいと思います。(上青木中学出身:東京経済大進学)



悔いのない高校生活を(越谷南中学出身:大東文化大進学)

多くの迷惑もかけたが、それでも支えてくれた部活の後輩達に感謝したい。ありがとう。これからも辛いことがたくさんあると思いますが、最後まで頑張ってください。(元郷中学出身:帝京科学大進学)



頑張ってください。(芝中学出身:東京コミュニケーション専門学校進学)

悔いのないように生活して欲しい。つらくても、未来の自分を想像すれば、頑張れると思う。継続する力を身につけて残りの高校生活を送って欲しい。(大沼中学出身:順天堂大進学)



サッカーが強いから武南…。頑張ってください。(三沢中学出身:帝京大進学)

評定平均を頑張ってあげよう!(川口東中学出身:高千穂大進学)



未来に向かってがんばってください。(朝霞第一中学出身:淑徳大進学)

今は「勉強めんどくさい。」と思っている人もいると思いますが、必ず自分の役に立ちます。(埼玉大付属中学出身:早稲田大進学)

充実した高校生活は、部活や行事で盛り上がることも大切ですが、毎日しっかり勉強することを習慣にすれば、最高の青春時代になること間違いなしです。(岸川中学出身:帝京科学大看護進学)


留学生によるプレゼンテーション

2015.02.24
スウェーデンからの留学生マリアさんが、倫理、現代社会を担当する山下先生の1Fの授業で、自国スウェーデンついてプレゼンテーョンをしました。


地域のこと、気候のこと、食べ物のこと、神話のこと、スウェーデンの学校のこと、宗教のこと…


パワーポイントを巧に使いこなし、日本語で話を進めていきます。


ここがポイント!というところでは、山下先生も登場し、生徒達に考えさえる質問をなげかけ、ボディーアクションを交えて解説しました。



驚いたのが、スウェーデンの学校と日本の学校の違いをマリアさんが明確に教えてくれたことです。


スウェーデンでは、茶髪や化粧してもいいけど、次の3つは絶対やっちゃだめなのだそうです。

ゞ斑罅∪簑仗欧舛磴世瓠
△しゃべりしゃちゃだめ!
O⇒輒気靴肪拗錙欠席しちゃだめ!


もし、守れない人が居たらどうなるのですか?と尋ねると

「教室から今すぐ出て行け!」って怒鳴られ、閉め出されてしまうのだそうです。



「どうして日本語を勉強しようと思ったのですか?」

という質問にも日本語で

「日本語(という言葉)じゃなくて、日本の文化とかに興味があったのんだけど、日本人は英語話せないから、自分から日本語で話しかけなくちゃだめだって思ったから…」

なんていう、素直過ぎる返答に…少しドキっとしてしまいました。

物怖じすることもなく、堂々と日本語で語るマリアさん


日本語が上手いマリアさんに驚いた生徒から…

「どうやって日本語を覚えたのですか?」との質問があると…

「単語を覚えました。単語が大事だと思います。」というアドバイスが。

それを聞いた生徒から、「明日からの英語の小テスト頑張る!」なんていう声もあがりました。

マリアさんのプレゼンの準備をサポートしたビーソム先生。何時間もかけて良い作品に仕上げたのだそうです。


普段の授業での異文化交流…いいものですね。留学生が日本語でプレゼンしたのですから、今度は、我々が英語でプレゼンする番かもしれませんね。

マリアさんありがとうございました。心温まる1時間でした。



学力、体力、気力の点で『魅力』のある人になれ!

2015.02.21
『伸ばせ咲かせよ武南桜』

これは、武南高校のキャッチフレーズのひとつです。

今日、校庭の隅にある桜の一本、河津桜の一輪が咲いているのに大森教頭先生が気づき足を止めていらっしゃいました。


今、高校3年生は受験本番を迎えています。

合格の知らせも多数、届いていますが…。

「緊張して実力が出しきれなかった。」と調査書の追加に職員室にかけこんでくる生徒もいます。

今は、共に頑張ってきた仲間の合格を祈りたいのです。

これから受験をする生徒諸君…
最後の最後まで諦めずに、過酷な中に置かれても、成長している自分自身を感じ信じること。受験という戦いに負けることなく、自分らしい花を咲かせて欲しい。

次は私の番!…赤く膨れたつぼみが…その時を待っていました。


今年の村上先生の講演は、迫力が違います。

「いいか。目で聞け!耳で聞こうとするやつは、下向いて…寝ちゃうだろ。」

そんな掴みで講演が始まると…生徒はもちろんのこと、聞いていた教職員もビシッと身がひきしまります。


「グローバル社会に必要なのは、好奇心、想像力(先を読む力)、感動、共感である。」

「3力ある人になりなさい。3つの力。学力、体力、気力の点で『魅力』のある人になりなさい。」

と、人として大切な生きる姿勢を教えてくださったり…

勉強に取り組む具体的なヒントとしては、

「日本史は物語だ!流れを考えろ!」

「数学は暗記科目って考えてみたらどうだ!」

保護者の方に対しては、

「親は覚悟して子どもに苦労させろ!」

今年もヒント満載の講演でした。

それ以上に、村上先生から、生徒も教職員も、エネルギーを頂いたように思います。


村上先生ありがとうございました。