> 行事の様子 > 2012年09月2012年09月の記事一覧

人気高まる私立高校・武南高等学校の魅力

2012.09.30

本日はオープンスクールへのご参加ありがとうございました。予想をはるかに超える方にお越しいただき、体育館が満席となり、多くの方々に立ってご覧いただかざるをえない状態となってしまいました。大変申し訳ありませんでした。あらためてお詫び申し上げます。

オープンスクールの最初にご挨拶させて頂きました大森教頭のご挨拶を、こちらにて、もう一度ご紹介させていただきます。

 

オープンスクールご挨拶 大森昭吾

公立高校入試の一本化で公立高選びだけでなく、私立高校選びも難しくなってきています。併願受験の場合、公立高がだめだったら、必ず私立高校に合格しなければなりません。そういう意味で併願校としての私立、また、単願受験を希望する人、確かな私立を確保する意味でも武南高校をしっかり見学していってほしいと思います。

 

 

1.私立高校・武南高校の人気について
私立高校の単願入学者が年々増加しています。
埼玉私立高の単願入学者は、平成20年から平成24年の5年間で3,549人増加しています。この2年間では単願60%、併願40%と単願の入学者の方が多くなってきています。つまり、第一志望で私立高校に進学する人が増えているのです。私立高校の人気が高まっています。

2.人気の理由は・・以下の6点
〇篶高校には様々な教育方針の学校があります。
私立高校は創設者が必ずいて、建学の精神が各校違っています。
建学の精神とは、教育方針ですが、どのような人材を育てて社会に送り出していくのか、どんな学校にするのかという創立者の思いからつくられている。例えば、
進学に力を入れている学校  
部活動に力を入れている学校  
文武両道の学校
大学の付属高とか個性的な学校・・がたくさんあります。選ぶことができます。

大学現役合格者が多い・・70以上が%が現役で大学に進学しています。
埼玉県教育局の統計では、埼玉の私立高校は現役進学率が毎年伸ばし続けています。
埼玉の高校生57.1%が大学進学していますが、そのうち県公立高校は50.3%、私立高校からは74.8%が現役で大学に進んでいます。私立高校では以下のように、

朝補習、放課後補習、夏休み・冬休みの講習や学習合宿、などさまざまな努力と工夫をして高校生を応援しています。

最近、いじめ問題が連日報道されています。私立では早くから、いじめだけでなく心の教育に積極的に取り組んできました。カウンセラーは全私立高校で常駐させ、早期解決に教職員一丸となって取り組んできています。本校では30年以上も前に常駐させ、全国的な指導者として活躍しているカウンセラーがいます。

こ愴颪量未任聾立高に近づいている
県公立高校と同じ118800円の国の支援金の他に埼玉県独自の軽減があります。家庭の年収500円までは授業料全額補助、年収609万円までは授業料24万円補助、そして入学金は年収609万円まで全員に10万円補助され、学費の面で県公立高にぐっと近づいてきています。
3年間の学費は内進生をのぞく普通科高で本校は一番低く設定しています。

ケ親杏堯κ顕宿瑤箸いι活動が元気いっぱいです
本校の水泳部、サッカー部、陸上部、柔道部はインターハイに出場しています。

Π多粥Π汰缶未任
本校の防災対策としては、耐震工事は10年以上も前に終了しています。また、緊急時の非常防災用品(食品、飲料水、ブランケットなど)も大人が3日間生き延びられる用品を備蓄しています。

 

 

オープンスクールが行われました

2012.09.30

台風の接近で天候が危ぶまれましたが、

どうにか大きく崩れることはなく、また、

そのような中で多数の方にご来場いただけましたことを、

心より感謝申し上げます。

 

誠にありがとうございました。

 

また、10時からの受験案内につきましては、

一部の方が体育館に入場できない状況になってしまいました。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 

 

今回、お越しになれなかった方には、

10月13日土曜より12月8日土曜まで、計5回開催されます、

入試説明会にぜひお越しください。

体育祭 おまけの部

2012.09.27

競技の合間のひとコマ。

こちらはそんなコンセプトで。

これから旗レンジャー出場のみなさん。

何だか絵になると思いました。

容器は食べれません。

クラス丸々のお昼風景。

レースが終わってほっと一息。

黄色組全員の記念撮影ですが…さすがにこのサイズじゃ分かりませんね。

仲間、笑顔、絆、武南の体育祭

2012.09.27

仲間、笑顔、絆、武南の体育祭

体育祭が行われました。また、武南生の素晴らしいところを魅せてもらったような気がします。



笑顔でテープを切るゴールシーンは…本当にうれしそうで…青春の宝物!キラキラ輝いて見えました。



試合前は円陣を作って気合いを入れていました。



仲間と息を合わせ、心をひとつにしてジャンプします。



障害物競争では、



コスプレをして障害を乗り越えていきます。



サンタになったり…



顔を白くして



笑顔で走り抜けていきました。



騎馬戦は勇ましく



試合に勝つたびに雄たけびをあげ、よろこびを全身で表現しながら体育祭を盛り上げていきます。



競技が進むにつれて、仲間との絆が固くなっていくのが見えるようでした。



武南のリレーは、ハイレベル!真剣そのもの!かっこいいです!



勝っても、負けても、心に大切な何かが残った一日でした。



競技の後には、けじめをつけて、礼を忘れない…そんなところも武南の体育祭の良いところだと思いました。



「良い体育祭でしたね。」

校長先生からもお褒めの言葉を頂きました。

 

一生懸命になってみるって…ステキなことですね。お疲れ様でした。

体育祭 競技の部

2012.09.27

雨によるグラウンド不備で順延となった体育祭も、

本日は無事開催することができました。

こちらでは、皆さんの競技の様子を載せています。

 

女子200m、男子200m予選です。

緊張感が伝わります。

 

女子1000mリレー予選です。

バトンをつなぐことこそ、リレーの醍醐味。

満面の笑顔でゴールイン。

続いて男子2000mリレー予選です。

留学生の彼も参戦。

余裕のガッツポーズ。

一方こちらは余裕が無い模様。

 

続いては、新しい要素を取り入れた障害物競走です。

今年はなんと仮装して走るのです!

いかに早く着替えるかが勝負のカギに。

陸上競技で優勝した想定?

 

続いてデカパンレースです。

いかにお互いの呼吸を合わせるか。

 

新種目、旗レンジャーです。

なんと、この旗を踏むことによる妨害が可能なレースです。

とは言え、皆さん紳士淑女なのか、妨害があまり…

あ、ありましたね。

 

お次は、女子による白熱した(壮絶な)棒引きです。

最後の1本となると、まさに戦場。

 

うってかわって、男子の戦いといえば、騎馬戦です。

意気揚々と宣戦布告しているのは…?

正面突破か、回り込むか。

帽子を取るのが目的とはいえ、近くでは大迫力です。

 

午前の最後の競技は、男女30人による綱引きです。

小細工など必要無し。力の強いものが勝つ。

女性陣も負けてません。

 

お昼休みが終わるとまず、200mの決勝です。

予選1位の選手による、ハイレベルな戦いです。

 

続いては、五人六脚リレー。

競技の中で最もチームワークを必要とされます。

中には独特の掛け声や、歌を歌いながらリズムをとっているところも。

 

ここからは、学年別の対抗競技です。

まず1年は、大縄跳び。

中々にどこも苦戦でしたが、本番に強いチームがみごと優勝。

 

2年生はハリケーンジャー。

走り方にコツが必要な競技です。

外側の選手の臨機応変な動きが、勝敗を左右します。

また最後は待機選手の足元を通すため、待つ側も油断できません。

 

3年生はいなばの白兎。

クラスの総合力が問われると言っても過言でないレースです。

女子の身軽さを取るか、男子のスピードを取るか。

支える側はまさに、縁の下の力持ち。

 

プログラムの最後はリレー3種目の決勝です。

少しでも迫力が伝わるよう、撮る側も頑張ってみました。

 

最後に表彰式です。

受賞したチームの皆さん、おめでとうございます。

見ている側も、興奮、笑い、感動を与えてくれました。

素敵な体育祭を、ありがとう。