> 行事の様子 > 2011年06月2011年06月の記事一覧

大学出張講義

2011.06.22

大学出張講義

大学の先生をお招きして講義をして頂きました。


法政大学の黄先生




駒沢大学の井上先生


東邦大学の中原先生


國學院大學の山岡先生




大正大学の弓山先生




秋草短期大学の太田先生


国際武道大学の笠原先生


鍼灸医療専門学校の坂本先生




女子栄養大学の西野先生


東京工芸大学の野口先生


埼玉医科大学の黒川先生


日本大学の藤本先生





北里大学の小寺先生

先生方はみなさん、
生徒達に興味をもたせる工夫をし授業を展開して下さいました。

生徒たちが、これをきっかけに
自分の未来予想図が上手に描けますように…。

親子で乗り切る大学入試

2011.06.20

ガイダンスカルチャー

本年度第1回目のガイダンスカルチャーが行われました。



今回のテーマは

『親子で乗り切る大学入試』



講師には駿台予備校副校舎長 菊池先生でした。

参加された方々からの感想をご紹介します。

3年父母
毎年、ガイダンスカルチャーに参加しておりますが、
今回は予備校の先生だけにとても中身が濃く理解することができました。
これから迎える夏休みがとても大事なことを息子に伝えたいと思います。
ありがとうございました。

2年父母
大学受験が初めてなので、とても参考になりました。
浅岡先生のお話がとても具体的で分かりやすかったです。
また、お願いします。

1年父母
予備校の先生のお話で、学校の教科書を学習する大切さを改めて感じました。
(1冊をやりこむ大切さ)親はあれこれ色々な問題集をさせたくなるので、
気をつけたいと思います。



データをもとにしたやさしい語り口で
昨今の入試状況をわかりやすく説明していただきました。



受験に向けての心構えがよくわかる内容で…
親子で参加していた方が笑顔で会場をあとにされたのが印象的でした。

第6回クリーン大作戦

2011.06.18
第6回クリーン大作戦

6月18日(土)、恒例となったクリーン作戦が実施されました。

一昨年に始まったクリーン作戦も今回で6回目。
活動促進委員会の主活動として定着してきました。
委員会に加えて、生徒ボランティア、教員、
さらに父母の会、後援会からもご協力いただき、
今回は過去最大の総勢43名の参加となりました。



心配されていた雨も降らず(終わってから降りました)、予定通り開始。
用意された昼食は‘軽食’と呼ぶには余りある量でしたが、
腹拵えも済ませていざ作戦実行と相成りました。

今回は学年毎に3班に分かれて、
西川口駅周辺、武南通り、学校周辺のゴミを拾いました。
相変わらず多いのはタバコの吸い殻。
空きカンやペットボトルも馴染みの顔ぶれです。
駅周辺は、特に道脇の花壇に包装紙などのゴミが散乱していました。



活動中、道行く人から激励の言葉をもらった人もいたようです。
ゴミを拾うと良い気分になります。
そして不思議とクセになります。
『拾い出したら止まらない!』を合言葉に、これからも頑張ります。

次回は10月実施の予定です。

生徒の皆さんも是非参加してみてください。

生徒会担当 福島智教

教育実習研究授業

2011.06.17
夢に向かって

「是非、いらっしゃってください。」

英語教師の玉子にそう声をかけられたので…
今日も研究授業を見に行きました。



ドキドキしているのでしょう
少し早口になっています。



もう少しゆっくり話せばいいのに…
そう思っていると…
ようやく実習生の顔から優しい笑みがこぼれ…



教室も和んで雰囲気がぐっと良くなります。



ペースをつかんで
事前にまとめてきたこと
言わなければならないことを生徒達に語りかけます。



彼女が先生になろうと思った
憧れの英語の先生は
語彙にとても造詣がふかかったそうで



彼女も単語一つひとつから丁寧に解説していきます。



受験にも使えるのような情報まであって
生徒たちも必死にノートをとっていました。



がんばる姿は尊いですね。



今日も夢に向かってがんばる卒業生に教えられる日になりました。

教育実習研究授業

2011.06.16

夢の扉

 

「先生になるのが私の夢なんです。」

夢の実現の第一歩としてのぞんだこの3週間



今日は研究授業の日でした。

出席をとって授業が始まります。



生徒達も協力的で、すすんで音読をかってでる生徒もいます。



ほんとうはドキドキしているのでしょうが、一人ひとりに目を配りながら、生徒達に優しく語りかけていきます。



研究授業の前に

「どうして教員を目指したんですか?」 そう質問すると

「武南で出会った国語の先生の影響が強いかも…」 とかえってきました。



「私は生徒と同じ視線で考えられる先生になりたんです。」



その言葉通り、ノリの良い生徒達にもしっかりと正面から受け止めている姿は、彼女の良さが一番でた場面でした。



夢を追い求める姿の素晴らしさ



教職についているからには、いつまでも自らの成長をとめてはいけない。みずみずしい授業を見ていてもっともっと自分の授業も磨きをかけていかなければいけないな〜そんなことを思いました。

教育実習生のみなさん!
研修での経験をいかし、夢の実現に向けて!がんばってくださいね!